アメリカ生活

アメコミ好きなら、絶対に行って欲しい絶叫系アトラクションの聖地「シックスフラッグス」の紹介とハロウィンシーズンの徹底レポート!

絶叫マシーンの聖地「シックスフラッグス」。

日本では展開されていないので、あまり耳馴染みがないかもしれませんが、アメリカではカナダとメキシコ含めて、全米展開している有名なテーマパークです。

シックスフラッグスの紹介とハロウィンの時期に、シックスフラッグスに行けたのでハロウィン模様のレポートをして行きます。

シックスフラッグスとは?

シックスフラッグス参照元:https://chicago.cbslocal.com/top-lists/guide-to-six-flags-great-america/

絶叫の聖地の呼ばれているシックスフラッグスは、とにかく絶叫、絶凶のアトラクションが揃っています。

アトラクションはDCコミックスの作品がモチーフされているものが多いです。

例えば、、

ジョーカー

バットマンに出てくる「ジョーカー」に悪戯されているかのように、360度座席がクルクル回りながら、進んでいくコースター。

予測不能な動きで恐怖心を煽るコースター。
その名も「ザ・ジョーカー(The Joker)

スーパーマン・アルティメットフライト参照元:https://comicvine.gamespot.com/

うつ伏せのまま発車して、まるでスーパーマンになった気分になるコースター「スーパーマン・アルティメットフライト」です。

天気のいい日や夜に乗ったら、アメリカの絶景が一望出来て気持ち良さそうですね。

他にもジャステイス・リーグのアトラクションやスーパーガールなどのアトラクションがあります。

アメコミヒーローになった気分になれるアトラクションばかりなので、アメコミやDCコミックスが好きな人だったら、絶対乗りたいですよね!

DCコミックスの作品をモチーフした以外にも

逆バンジー参照元:https://www.youtube.com/

逆バンジーなんかもあります。

逆バンジーは近くで見たら、迫力が半端ないです。
逆バンジーやってみようかな?」なんてウキウキで思っていたけれど、実際に見たら、縮み上がりました。笑

Youtubeで逆バンジーやっている人見ると、失神している人もいるんですね。笑

アポカリプス ザ ライド参照元:https://www.greatcoasters.com/?p=terminator

世界一長い木製コースターとして、ギネスにも載った「アポカリプス ザ ライド

近くを通るとコースターが走る凄まじい音。
ガタガタ走るのでスピードや落下とはまた別の恐怖が、、笑

本格サファリパークのアトラクションもあるよ!

サファリパーク参照元:https://www.youtube.com/

絶叫マシーンが苦手な人、子供と一緒に行く人、はたまた絶叫疲れた人。

そんな人にオススメ!

なんとシックスフラッグスの中には、サファリパークのアトラクションがあります。
もちろん、アトラクションの一部なので別途料金はかかりません。

テーマパークの中のサファリパークだから、ショボいんじゃないの?」って思う人もいそうだけど、全然そんなことないです。

バファローの群れが突進してきたり、キリンがやってきたり、サファリなので毎回決まった動物が出てくるわけではないので、どんな動物と出会えるかは体験してからのお楽しみですね。

楽天トラベルの海外航空券、格安航空券予約。JALやANA、周遊や片道航空券の予約もオンラインで!

JALでアメリカ・カナダ おすすめツアー

海外駐在員のメンタル不調を未然に防ぐ「駐在ライフ」

海外駐在員のメンタル不調を未然に防ぐ「駐在ライフ」

ハロウィンレポート

入場料、駐車場の料金は?

だいたいタイムズスクエアから、車で飛ばして2時間。

かなりスムーズでハイウェイ飛ばせたので、普段はもう少しかかるかも。

駐車場

ハイウェイ飛ばしてついたシックスフラッグス。

駐車場から、迫力の絶叫コースターと悲鳴が聞こえてきます。笑

ちなみに駐車場の料金は1日20ドルです。

写真とか映像で見ていると結構乗れそうな気がするけど、いざ目の前にすると迫力のその姿に怖気付いてしまいますね。笑

ちなみに僕は絶叫系が大の苦手です。笑

怖気付きながらも、シックスフラッグスの入り口を目指して、徒歩10分。

駐車場めちゃくちゃ広いですね。。

駐車場が混んだけ広いってことは、園内はもっと広そうなので小さい子供を連れて行くと、お母さんお父さんは結構苦労するかも。

シックスフラッグス 入り口

入り口には、絶叫系が苦手な僕が1番見たくないで言葉が書いてある、、

FRIGHT FEST

シックスフラッグス 「FRIGHT FEST」はハロウィンシーズンにやっているアメリカでも有名なイベントらしいです。

通常の営業ではないお化け屋敷がやっているそうです。

英語ではお化け屋敷のことを、「ハウンテッド・メイズ(Haunted Maze)」というみたいです。

もしHaunted Mazeを体験したければ、別途でチケットが必要なので、FRIGHT FESTの特設ページからチケットをご購入ください。

料金は10ドル程度でそこまで高くないので興味ある人は是非!
海外のお化け屋敷を体験して行ってください。

僕らはとりあえずまだチケット持っていなかったので、通常のチケットを当日券で購入しました。

チケット代

・大人1人80ドル

・子供(4〜11歳)1人50ドル

ちょっと高いですね。汗

だけど、オンラインで買うともっと安い値段でチケットが帰るみたいなので、事前にオンラインでチケットの購入することがオススメです。

僕らが行ったシックスフラッグスはニュージャージー州にある「グレート・アドベンチャー」というシックスフラッグスでしたが、地域によって、値段設定が違うようなので要チェックです。

オフィシャルページからチケットの購入ができます。

さぁ、チケットを買ったら、ついに入場です。

ジャックランタン

中に入ると、こいつが待っています。

正直言うと、この時点でテンションはかなり高まっていました。笑

やっぱ雰囲気が日本の遊園地とは全然違うんですよね。

映画とかドラマで見るアメリカの遊園地にいるんだ!」って思うだけでテンションがガンガン上がっていきます。笑

ダークナイトコースター

僕はもうこのまま園内をウロチョロしているだけで大満足なんだけど、、僕の妻はそれを許してくれない。

彼女は絶叫系が大好きなのです。

「最初は優しいやつを、、」と懇願しながら向かったのが、、

ダークナイトコースター参照元:https://www.coaster101.com/2014/08/05/six-flags-great-america-summer-2014-update/

ダークナイト・コースター

ダークナイトの世界観をモチーフにした室内型コースターです。
室内コースターなので、どんなコースなのかわからなかったけれど、クリストファー・ノーラン監督の有名な映画「ダークナイト」が大好きなので、一発目にダークナイト・コースターを選びました。

待ち時間は20分ほどだったかな。

中に入ると、ディズニーのホーンテッドマンションみたいな感じで、待合室があって、そこでダークナイトに出てくるハービーデントがニュースのインタビューを受けている。

ハービデント

キャストはちゃんと映画のままだったのも、ダークナイトファンには嬉しい。

ハービーがインタビューを受けていると、テレビにノイズが、、

そして、ジョーカーが登場!

さぁ、ジョーカーを追いかけにゴッサムシティーへ!

室内コースター

夜のゴッサムシティーを走っていると、ジョーカーにハメられ立ち入り禁止エリアへ!

壁はジョーカーの落書きだらけの街をバットマンがバットモービルで追いかけてきたり、ジョーカーにバズーカーで撃たれそうになったりと、バットマンファンなら楽しめるじゃないでしょうか。

ただ、急カーブがめちゃくちゃ多くて、乗り終わった後、少し首を痛めるというね。笑

でも、いい感じの準備運動になりました。

バットマン ザ ライド

続いては、ダークナイトコースターの目の前にある

バットマン ザ ライド

バットマン ザ ライド

ダークナイトコースターを乗った後、ちょうど待ち時間なしで乗れそうだったので、妻に言いくるめられて乗ることになりました。笑

妻
ジェットコースターの何が嫌なの?
ゆう
ゆう
落ちるときに、浮かぶのが嫌なの!
妻
なら、これは途中で浮くことないから大丈夫だね!

そうこのアトラクションは

バットマンザライド参照元:https://www.coaster101.com/2015/01/25/six-flags-georgias-batman-goes-backwards-2015/

こんな感じで、元々足がつかないタイプだから大丈夫なのだ!

大丈夫なのだ!

大丈夫なのだ、、

大丈、、

不運なことに待ち時間がないので、怯えている時間もないまますぐにライドに乗れました。

結果から話すと、、

超最高でした!

まぁ、ずっと「うわあああああAAAAA!!」って叫んでいたけれど、叫んで、風を受けて、最高に気持ちよかったです。

落下するよりも、ぐるぐる左右に回転する方が怖かったですね。

でも、超オススメ!

絶叫系が苦手な僕でも乗れたから、頑張れば苦手な人でも乗れるかも!

ジャスティスリーグ バトル・フォー・メトロポリス

ジャスティスリーグ バトル・フォー・メトロポリス<参照元:http://newsplusnotes.blogspot.com/2016/09/justice-league-battle-for-metropolis-4d.html

2017年夏にオープンしたばかりのアトラクション「ジャスティスリーグ バトル・フォー・メトロポリス」。

ホール・オブ・ジャスティス

ジャスティスリーグの本拠地「ホール・オブ・ジャスティス」の建物の中にアトラクションがあります。

僕も妻もアメコミファンなので、アトラクションに乗る前にすでに感動していました。笑

待ち時間はまだオープンしたばかりのアトラクションってだけあって40分待ちでした。

が、途中でトラブルが起きたらしく、結局1時間半ぐらい待ちました。

モニュメント

でも、待ち時間もホール・オブ・ジャスティスの中は楽しめるものばかり。
スーパーマン、バットマン、ワンダーウーマンのモニュメントも!

サイボーグ

アメコミ映画の話に華を咲かしていたら、あっという間にライドへ!

ジャスティスリーグ バトル・フォー・メトロポリス 2参照元:http://radioactive-studios.com/biohazard-films/?p=3646

アトラクションはユニバーサルスタジオのスパイダーマンやトランスフォーマーに、ディズニーのトイストーリーマニアのシューティングを加えた感じです。

さすが2017年にできたアトラクションだけあって、最新技術が詰まっています。

これに乗れただけでもシックスフラッグスに来てよかったと思いました。

巨大空中ブランコ、スカイスクリーマー

ジャスティスリーグも乗り終えて、空も暗くなったし、「ちょっとまったりしたいなぁ。」って思ったときにあったのが、、

スカイスクリーマー参照元:https://sso.cmgdigital.com

空中ブランコの「スカイスクリーマー」。

僕の中では

空中ブランコ参照元:https://www.youtube.com

 

こんな感じでゆったり座りながら、アメリカの夜景を見ながら、ブランコに乗る。つもりだったんですけど、、

まぁ高いんですよね。

想像以上に、、

今ね、高さを調べたら、シックスフラッグスの空中ブランコは世界一の高さを誇るらしいです。笑

富士急にも鉄骨番長という空中ブランコがありますが、その高さは50mらしいですが、シックスフラッグスのスカイスクリーマーは高さは122mらしいです。

鉄骨番長の2倍以上、40階の建物と同じくらいの高さがあるみたいです。

ここまで高いと、まったりするどころじゃありません。笑

僕は高所恐怖症ってわけではないですが、頂上の高さに行った時は完全に足が震えていました。笑

間違いなく、今まで乗ってきたアトラクションの中で1番恐怖したアトラクションはこのスカイスクリーマーですね。

ハロウィンのショーもお楽しみ

夜になってくると、ハロウィンシーズン限定のアトラクションがたくさんやっています。

ゾンビのダンスパーティー

ゾンビが踊るダンスパーティーや

ゾンビのアトラクションショー

ゾンビのアクション?ショーなど

ハロウィンならではのショーで楽しませてくれます。
観客もみんなリアクションが良いので、ノリノリになっちゃいますね。

ハロウィンシーズンに行ったら、絶対ショーを見るのオススメです。

たっぷりハロウィンの雰囲気が味わえますよ!

夜はテーマパーク全体がアトラクション

ショーが終わって会場から出ていくと、パーク内の至るところで悲鳴が聞こえてくる。

えっ?

って思っていたら、後ろから「ヴィィィィン!!」。

振り向いたら、チェーンソー持った大男が!

えっ?」って思った次の瞬間、こっちに向かって走ってくる!

妻と2人でダッシュで逃げていたら、今度は前からゾンビが、、

そうハロウィンシーズンは、夜になるとパーク内にゾンビや化け物が解き放たれるのです。

日本のユニバーサルでもハロウィンシーズンになると、ゾンビやら色々解き放たれるけれど、アメリカのゾンビと化け物は日本のと比べるかなりアグレッシヴな気がします。

ハロウィンだからかはわからないけれど、パーク内の照明が暗いから、いつ化け物が現れるのかわからなくて、かなり怖い。

パーク内全体がお化け屋敷になっています。

よく見るとパーク内に不気味な物がちらほら姿を現している。

不気味なモニュメント 不気味なモニュメント2 不気味なモニュメント3

入場する時に見たジャック・ランタンも

不気味なジャックランタン

怖さがどアップしている。汗

最後に

シックスフラッグスは絶叫マシンが好きなら、一度は絶対に行って欲しいテーマパークですね!

絶叫コースターを乗りながら、アメコミ作品の中に入り込んだような気分になれるので、アメコミ好きな人にも行って欲しいです。

テーマパークに行く前にDCコミックスの映画を見ておくとアトラクションをもっと楽しめると思うので、シックスフラッグスに行く前に是非見てください!

僕は絶叫系苦手だけれども、それでも「また行きたい!」って思うほど楽しかったです。

特にシックスフラッグスのハロウィンはアメリカの中でも有名なイベントの1つです。

アメリカに住んでいる人もこれからアメリカに行く人も今年のハロウィンはシックスフラッグスへ!

RELATED POST
アメリカ生活

多発するアメリカの銃乱射事件。果たして「銃規制は必要なのか?」実際にアメリカに住んで、たどり着いた答え。

2018年6月20日
Bear Town
ここ最近アメリカの銃撃事件が急増してきています。 それに伴い、アメリカでは以前より増して銃の規制への関心が高まり、大規模な銃規制のデモも起 …