アメリカ生活

味も見た目も抜群。日本では食べられないアメリカの寿司を紹介!

アメリカでは、日本食ブームでニューヨークの大戸屋では行列ができ、一昔前は敬遠されていた刺身やお寿司も今では熱い和食ファンもいます。

アメリカのお寿司は、日本人が和風パスタ和風のピザを食べるようにアメリカ人に合わせた味付けになっていているので、日本ではなかなか食べられない味付けになっています。

日本人から見ると変わりダネのように見えますが、食べていくとなかなか美味しいんですよ!

そんなアメリカでしか食べれないお寿司を紹介していきます。

日本の寿司とアメリカの寿司の違いは?

日本の寿司とアメリカの寿司のわかりやすい違いといえば、アメリカの寿司には海苔がほとんど使われいません。
「外国人は海苔を消化できない。」なんて話も良く聞きますが、そもそもアメリカ人からしたら、「日本人はなんで黒い紙みたいなものを食べているんだ!?」って感じだそうです。

実際にアメリカ人の方が日本に仕事で来た時に、日本のお寿司屋さんに連れていったら、そんなようなことを話していました。笑

海苔に対して、そういった苦手意識を持っている人も多いので、アメリカではあまり海苔が使われないんだと思います。

あとは日本で寿司といえば、「にぎり寿司」を思い浮かべる人が多いと思いますが、アメリカでは「寿司といえば、ロール寿司」って感じの人が多い印象があります。

日本人がやっているようなお寿司屋さんに行くと、やはりにぎり寿司を食べている人が多いですが、そうじゃないお寿司屋さんに行くとメインで頼む寿司はロール寿司の人が多かったです。

根本的に日本のお寿司はネタの鮮度や職人さんの技術を重視している感じがしますが、アメリカのお寿司は味付けの方が重視されるんだと思います。

そうなると、にぎり寿司よりもロール寿司の方が親しまれやすいのかなと思います。

アメリカのお寿司紹介!

日本では食べれないホワイトツナ

日本では食べれないホワイトツナ

一見すると、なんの変哲のないにぎり寿司とカリフォルニアロールだけど、注目して欲しいのはうなぎの隣にあるにぎり寿司。

写真だと少しわかりづらいですが、白いネタが「ホワイトツナ」です。

ちなみに「ツナ」という名前ではありますが、マグロではなくスズキの仲間です。

このホワイトツナは、「2切れ以上食べてはいけない」という有害な油脂成分含まれており、日本では販売の禁止をされている魚です。
アメリカでも、妊婦さんや小さな子供には食べないように勧告はされているみたいです。

なので、アメリカでも日本人がやっているお寿司屋さんではホワイト取り扱っているところは、あまりありません。
というか、けっこう問題視されているみたいです。

味は脂の乗ったビンチョウマグロみたいで、ビンチョウマグロが好きな人なら、普通に美味しいと思います。

個人差はあるかもしれませんが、僕自身、そこまでおなかが強いわけではないけれど、食べた後も特に問題はなかったので、写真のように少量ぐらいだったら、そこまで構えて食べる必要なないと思います。

日本では食べれないネタなので、アメリカに来た際、少量だけチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スパイシーソースがかかったロール寿司

スパイシーソースがかかったロール寿司

いきなり寿司の名前が出てこない。笑
確か「FUJI」とかそんな名前だったと思います。

このお寿司を出してくれたお店はニューヨークからハドソン川を挟んだ先にあるニュージャージーのハドソン川沿いにある「Sushi Cruise」というお店です。

韓国系のアジア人が経営しているお店で値段もリーズナブルで、ハドソン川沿いのお店でテラス席もあるので、ニューヨークの景色や川を渡る船などを見て楽しめるおすすめのお店です。

帆立の貝柱におそらくキムチの素とマヨネーズを混ぜたスパイシーソースがロールの上に乗っていますね。

日本人の寿司観からしたら、なかなかインパクトがあるかもしれませんが、味はなかなか美味しいんですよ。

もうここまで来たら、ガリの必要性があまりないかもしれませんが、レモンの絞り汁をかけると爽やかな味わいです。

見た目の通り、寿司だけれどガッツリしているので食べ終わった後はけっこうおなかが満たされます。笑

寿司とハンバーガーを融合したSushi Burger

寿司とハンバーガーを融合したSushi Burger

これは見た目のインパクトがすごいですよね!笑

フロリダのユニーバサルスタジオのシティーウォークにある寿司バーガーをウリにしている「The Cowfish Sushi Burger Bar」というお店の料理です。

さすが世界的なアミューズメントパークの施設で働く店員なので、僕らを見て日本人だと気づいたらしく、僕がこの料理を注文すると「純粋な寿司じゃないけれど、大丈夫?」ってなんか心配されました。笑

「日本じゃ食べれないから、食べてみたいんだ。」って答えると店員さんもニッコリ。

とはいえ、料理がテーブルに届いたときは正直、驚きでした。笑

ロール寿司は豚バラ肉で巻かれていてその上にはキャベツと揚げた大根のつまが乗っています。

味付けはハンバーガーっていうよりもお好み焼きの方が近いかも!

かなりコッテリしているので食べ終わった後は胃もたれして気持ち悪くなりました。笑

フロリダのユニバーサルスタジオに行った際は、ぜひ食べてみてください。

 

楽天トラベルの海外航空券、格安航空券予約。JALやANA、周遊や片道航空券の予約もオンラインで!

JALでアメリカ・カナダ おすすめツアー

海外駐在員のメンタル不調を未然に防ぐ「駐在ライフ」

迫力満点のボルケーノ

迫力満点のボルケーノ 迫力満点のボルケーノ2

迫力満点なルックスを持つこのお寿司はその名も「ボルケーノ

このお寿司を出してくれたお店は先ほど紹介したFUJI?と同じお店「Sushi Cruise」です。

天かすととびことソースで、まさに噴火した山のようですね!

海外ではお寿司はかなりヘルシーな料理だと思われているんですが、、ヘルシーとはどことやら、、

さっきの寿司バーガーと同じく食べた後に「寿司って胃もたれするっけ?」って思うぐらい胃もたれします。

いや、味は美味しいんですよ!笑

天かすの中に埋もれているお寿司はマグロのネギトロにスパイシーソースをあえたスパイシーツナとカニカマが包まれています。

ちなみに僕がインパクトが強いものを頼んでいるだけで、ちゃんとしたお寿司も出してくれるお店なので誤解しないでくださいね。笑

味を120%と引き出すにぎり

Sen Ssakana Sen Ssakana2

ブログ用に撮った写真ではなかったので、カメラワークが少し悪いのはご愛嬌で、、汗

それはさておき、、

今までロール寿司と打って変わって、こちらはにぎり寿司ですが、ネタのそれぞれにそのネタに合ったトッピングを施してあり、そのネタの美味しさを120%引き出してくれます。

このお寿司を出してくれるのはニューヨークにある「Sen Ssakana」というお店で和食をベースにペルー料理をフュージョンさせた創作和食屋さんです。

今までのお店と違って少し値段をするお店ですが、 「Sen Sakana」のお寿司はめちゃくちゃ美味しいです。

日本で食べるお寿司とはまた少し違うんだけど、それぞれに施されているトッピングが日本人の僕が食べてもマッチしていて、美味でした。

日本で食べたお寿司も含めて考えても、人生で食べたお寿司の中でトップクラスの美味しさだったと思います。

ニューヨークに訪れた際はぜひ食べて欲しいお寿司です。

最後に

日本食ブームのアメリカでは現在、日本で食べれるようなお寿司を提供してくれるお寿司屋さんもたくさんあります。

ですが、せっかくアメリカに来たんなら、アメリカでしか食べれないお寿司も食べてもらいたですね!

 

この記事もおすすめ!

本当に美味しいおすすめの蟹のお取り寄せを紹介!

【駐在員やホームステイにおすすめ】アメリカ人から評判が良かった日本のお土産

世界最高峰のアナと雪の女王。ブロードウェイミュージカル「FROZEN」あらすじ、見どころ紹介!

ニューヨークで人気のブロードウェイミュージカル「アラジン」あらすじ、見どころ紹介

笑って泣いてノリノリで!ブロードウェイミュージカル「スクールオブロック」

PCやスマホで目を酷使する人は要注意!日本人に多い隠れ斜視。

【海外帰国者が教える】蔵前に来たら、絶対に行って欲しいおすすめのカフェ4選。カフェ好きの穴場スポット。

今年の夏はカントリーミュージックで決まり! おすすめカントリーミュージシャン5選

【ダイエットにも最適】蕎麦を食べるだけで、生活習慣病、美肌効果、便秘解消

 

RELATED POST