日常

月額380円で250誌以上の雑誌が読み放題、楽天マガジンを紹介

最近、妻に「楽天マガジンを利用してみたい」と言われたので、楽天マガジンに登録しました。

正直、「看板の雑誌以外は知らないマイナー雑誌ばっかなんじゃないの?」なんて思っていました。
だって、月々380円の雑誌の読み放題だし。笑
でも、実際に利用してみたら、「あの雑誌も読めるし、この雑誌も読めるの⁉︎」みたいなある種の衝撃でした。笑
なんでもっと早くこのサービスを利用していなかったんだ!みたいな。

こんなお得なサービスをみんな知らせないとバチが当たるような気がしたので、楽天マガジンを紹介したいと思います。

月額380円で250誌以上が読み放題!

正直、これだけで楽天マガジンに登録しない理由が見つからないです。笑

だって、本屋やコンビニで雑誌を1冊買おうとしたら、380円なんて余裕で超えてしまいますからね。
例えば、僕が楽天マガジンで今読んでいるビジネス雑誌の「PRESIDENT」や「週間東洋経済」「週刊ダイヤモンド」なんかはどれも1冊700円以上します。
それが月額380円で読めるんだから、かなりお得です。

こういう読み放題のサービスって、実際に登録してみると知っている雑誌が一冊あって、あとは初めて見るようなマニアックな雑誌がズラッとあるみたいな事もありますが、楽天マガジンはそんな事ありません。
まるでスマホの中に本屋の雑誌コーナーが詰め込まれたかのような豊富なラインナップです。

画像は僕のスマホアプリから見た画像です。

週刊誌
週刊誌や

ビジネス雑誌僕のようにビジネス雑誌を読む人も

メンズファッション誌メンズファッション誌も

女性ファッション雑

女性ファッション雑誌も

グルメ雑誌グルメ雑誌も

IT・ガジェット誌

IT・ガジェット誌も

趣味の雑誌

趣味の雑誌なんかも

もちろんこれも一部です。
他にも男性・女性のライフスタイル雑誌なんかも!
僕はビジネス誌や映画雑誌の「SCREEN」、お出かけした時に「ぴあ」なんか読んでいますが、これを全部買ったりしたら、かなりの額になりそう。笑

どこでも気軽に雑誌が読める!

雑誌って結構デカいから、電車のような場所だと読みづらいけれど、スマホでも読めるので通学・通勤・帰宅するときでも読みやすいです。
スマホだと画面が小さいので「読みづらいんじゃないの?」って思われるかもしれませんが、ページをアップにしたりもできるので、読んでいて「読みづらさ」を感じることは僕自身はありません。

ふせん機能もあるので、途中で読むのをやめてしまった時もページを見失わないで済みます。

バックナンバーも配信されているよ!

バックナンバーが読めるのは電子書籍の特権じゃないでしょうか?

たまたま読んだ雑誌が面白かった時や過去号がす具に読めるし、いつも読んでいる雑誌を読み忘れたなんて時も検索すればすぐに出てきます。

スマホ・タブレットは5台、PCは2台まで利用できる

スマホ・タブレットは5台まで、PCは2台まで1つのアカウントで管理できます。

例えば、1人が楽天マガジンに登録していれば、5人家族まではアカウントを共有して家族全員で雑誌が読み放題にできます。
うちも家族と共有して、楽天マガジンを利用しています。

それでも月々380円で利用できるんだから、かなりお得!

もちろん、誰かと共有しなくても、場所によって、スマホ・タブレット・PCを使い分ける利用の仕方もできますね。

電車ではスマホ、カフェに行ったらタブレットやPCで読むなんて自分にあった読む環境を作れますね!

楽天ポイントで支払いができる。

楽天カードを持っている方にはこの「楽天ポイントで支払いができる」はかなりのメリットかもしれません。

例えば、月々の公共料金や家賃の支払いを楽天カードからの引き落としにしている人は毎月、楽天マガジンの月額以上の楽天ポイントを付与されている人が多いと思います。
その楽天ポイントで楽天マガジンの支払いに回せば、実質無料で楽天マガジンを利用できると思います。

まだ楽天カードを持っていない人は持っていて損はないのでぜひ!
今なら加入すると5000円分の楽天ポイントももらえるのでかなりお得です!

楽天カード

1ヶ月無料で楽天マガジンが利用できる!

楽天さん、かなり太っ腹です。笑

1ヶ月無料で楽天マガジンを利用できるのでぜひ試してみてほしいです。
ここで実際に加入してみたら「読みたい雑誌がなかった」「読みづらかった」と思えば、無料期間のうちに解約しちゃえばいいですし。

もちろん満足行けば、そのままサービスの利用をし続けてください。

無料期間があるっていうのは、裏を返せば、楽天が自信を持って提供しているサービスだっていう証なのかもしれないですね。

楽天マガジン
RELATED POST
アメリカ生活

多発するアメリカの銃乱射事件。果たして「銃規制は必要なのか?」実際にアメリカに住んで、たどり着いた答え。

2018年6月20日
Bear Town
ここ最近アメリカの銃撃事件が急増してきています。 それに伴い、アメリカでは以前より増して銃の規制への関心が高まり、大規模な銃規制のデモも起 …