ベトナム旅行

ベトナムに行ったら、コーヒー好きが憧れる幻のコーヒー「コピルアク」コーヒーを飲もう!

先日のベトナムのハノイ旅行で、コーヒー好きなら誰もが憧れる「コピルアク」コーヒーを飲んできました!

実はこのコピルアクは、コーヒーの中でも最も高級なコーヒーと名高く、日本ではなかなか飲むことができない珍しいコーヒーでもあります。
たまたま新宿の某喫茶店に訪れた際に、コピルアクがあったのですが、その値段は1杯6,000円近い値段でした。

たった一杯で6,000円、、例え見つけたとしても、注文することはなかなかできないですよね、、

そんな最高級コーヒーがベトナムで、とても安価で飲むことが出来るのです。

コーヒ好きには一度は飲んで欲しい幻のコーヒー「コピルアク」コーヒーの紹介をします。

「コピルアク」コーヒーってそもそもどういうコーヒーなの?

「コピ・ルアク」コーヒーってそもそもどういうコーヒーなの?参照元:https://www.foody.vn/ha-noi/trung-nguyen-legend-coffee-hai-ba-trung

日本で飲んだら、一杯飲むだけで5,000円〜10.000円の値段で出されるというコピルアクですが、ここまで高価なコーヒーだと普通のコーヒーと何が違うのか気になりますよね。

このコピルアクのとても驚く製造工程を経て、コーヒー豆となって飲めるようになります。

そもそもコピルアクはインドネシアのコーヒー農園から発祥したコーヒーです。
発祥した当時は高級品でもなんでもなく、むしろ普通のコーヒー豆から抽出されたコーヒーが飲むことが許されない奴隷が飲むコーヒーでした。

上で普通のコーヒー豆と書いていますが、、なら、「コピルアクのコーヒー豆は普通じゃないの、、?」って疑問を感じませんか?

そう普通のコーヒー豆じゃないのです。
だって、コピルアクのコーヒー豆はジャコウネコという動物のフンから取れたコーヒー豆なんですから。

このジャコウネコという動物は、コーヒー豆の元になる「コーヒーノキ」という熟した果実を好んで食べます。
そして、食べられたコーヒーノキがジャコウネコの胃の中で消化されることなく、発酵されフンと一緒に出てきたものが「コピルアク」のコーヒー豆となるのです。

つまり、当時のインドネシアの農園で、一般的なコーヒー豆から抽出したコーヒーを飲むことを許されなかった奴隷達がそれでもコーヒーを飲みたいとジャコウネコのフンから消化されなかったコーヒー豆を取り出して、そのコーヒー豆から抽出して飲んだのがこのコピルアクの始まりなのです。

動物のフンから取れたコーヒー豆だから、最初はおそるおそる飲んだだろうというのが安易に想像できますね。
そんな悲しい歴史から生まれたコーヒーですが、飲んでみたら、「あれ?美味しい、、!」みたいな、、笑

ジャコウネコってどんな動物なの?

ジャコウネコってどんな動物なの?参照元:https://hiraiya.com/

ここまで話を聞くと、ジャコウネコ自体にも興味が湧いてきますよね。

名前だけ聞くと猫の種類なのかな?って思うんですけれど、画像を見てわかる通り、猫よりもどちらかというとイタチのような見た目ですよね。

なので、ベトナムではジャコウネコから取れたコーヒーのことを「イタチコーヒー」とも呼ばれています。
元々は農作物や家禽を食害する害獣とみなされることもあったそうです。

またジャコウネコから分泌される液は、香水の持続剤や制汗剤として使われることもあるそです。
そのため狩猟などにより生息数も減少している種でもあるそうです。

本物のコピ・ルアクコーヒーを飲みたかったら、「Trung Nguyen Legend Cafe」へ

本物のコピ・ルアクコーヒーを飲みたかったら、「Trung Nguyen Legend Cafe」へ参照元:https://vinalo.com/cafe-trung-nguyen-legend-aeon-mall-dE7ZBPE

コピルアクは、ベトナムの観光客にかなり需要のある飲み物なので、偽物もたくさん出回っているそうです。

ネットで色々検索しみると、「ホーチミンで売られているコピルアクのほとんどは偽物」とまで書かれています。
どうせ飲むなら、偽物ではなくちゃんとしたコピルアクを飲みたいですよね。

本物のコピルアクを飲みたい人は、「Trung Nguyen Legend Cafe」というカフェに行くことをオススメします!

Trung Nguyen Legend Cafe」はベトナムでも有名なカフェで、ハノイ市内には数店舗、お店があります。

店内はゆったり空間

喧騒とした街並みの中、ゆったりとした時間が流れているカフェなので、「コピルアク」を飲みたいという目的ではなく、「雰囲気が良いカフェに行きたい!」という人にも良いと思います。

店内に入ると、すぐに僕たちが「日本人だ」って察した店員さんが、日本語で声をかけてきます。
ハノイは日本語も英語も通じないお店が多いので、日本語で話せる店員さんがいると少し安心しますね。

日本語で話せる店員さんがいると少し安心参照元:https://www.tripadvisor.com/LocationPhotoDirectLink-g293924-d12411252-i312578915-Trung_Nguyen_Legend_Cafe-Hanoi.html

「Trung Nguyen Legend Cafe」で飲めるコピルアクは、日本円にすると一杯だいたい700円程度でした。
ベトナムの物価を考えるとかなり高い気がしますが、それでも日本で飲むことを考えると全然安いですね。

一緒に行動をしていた友達が店員さんに「コピルアクは『ホット』と『アイス』のどっちがオススメですか?」と尋ねると、ちょっと悩みながら「アイスの方がおすすめだよ。」とのこと。

なので、友達はアイスを注文していましたが、僕は「コーヒーはホットでしょ!」という頑固な心を持っているのでホットで注文しました。笑

コーヒーをドロップ

少し待つとコーヒーをドロップしている状態でテーブルに運ばれてきました。
友人に運ばれたアイスのコーヒーを見ると、一度ドロップしたコーヒーを氷の入ったグラスに入れて、冷やすらしい。

5分程待っているとやっと飲める状態になりましたが、飲めるまでに少し時間がかかるのでホットもちょっとぬるめでした。
とはいえ、ハノイはかなり暑いので、熱々の状態よりもありがたいかも、、笑

まずはコーヒーを鼻に近づけると、ほのかに甘みのある香りで今まで飲んだコーヒーの中でもトップクラスで心地いい香りがしました。
そのままブラックで一口。

かなり濃厚でブラックで飲むのはちょっと辛いです。笑
店員さんがコーヒーと一緒に持ってきてくれた練乳を入れてみました。

コーヒーに練乳を入れるということ自体が初体験です。笑
どうやらベトナムでは、コーヒーに練乳を入れるのは一般的な事らしいです。

コピ・ルアクコーヒーはまるでチョコレート
少し飲んだ後に撮った写真のなので、ちょっと量が少なくなってしまったのですが、、
練乳が混ざったコピルアクはまるでチョコレートのような渋みと甘みがあって、今まで飲んだことのあるコーヒーのどれにも当てはまらない味がしました!

めちゃくちゃ美味しい!

これなら普段コーヒーがあまり得意じゃない人でも美味しく飲める気がします。
というか、一般的のコーヒーをぜんぜん味が違います。
コーヒーよりもチョコレートの方が近いような気がします。

一言言うなら、香りも味も今まで飲んできたコーヒーのどれとも違うし、最高に美味しかったです!

コーヒー好きじゃなくても、ベトナムへ旅行をする機会があったら、ぜひ飲んで欲しいです!

最後に

コーヒー好きな僕にとって、ジャコウネコから取れたコピ・ルアクコーヒーはいつか飲んでみたいという夢のコーヒーでした。

今回、ハノイ旅行でその夢が叶ったので、それだけでもハノイ旅行をした甲斐がありました!
ぜひベトナムやインドネシアなどに旅行した際に飲んで欲しいです!

ベトナムやインドネシアに行くのはちょっと難しいという人もAmazonでも安いもので3,000円ぐらいで買えるので、興味を持った方は是非購入してみてください。

この記事もおすすめ

ベトナムの食文化を楽しもう!ハノイで何でも揃うスーパー「インティメックス」をレポート!

浅草、蔵前で美味しいコーヒーを飲めるおすすめのカフェ

台湾へ行ったら、絶対行ってほしい「士林夜市」のおすすめ台湾B級グルメ!

LCCで台湾に行くなら「タイガーエア」!乗り心地や機内食をレポート!

月額380円で雑誌が読み放題の楽天マガジンを登録しないなんて損でしょ!

ニューヨーク在住者が教えるニューヨーク観光する前に注意してほしい6つのこと。

エンターテインメントの王様、アメリカの映画館はこんなに凄いぞ!

RELATED POST