健康

【注意】熱中症対策は水分補給だけじゃ足りないよ!汗で不足した塩分補給はちゃんとしてあげてますか?

日本の夏はとにかく暑い!

今年の夏なんて特にそう。

「去年こんな暑かったっけ?」なんて、毎年言っているような気がするけれど、今年は間違いなく暑い。
ここまで暑いと、もはや災害なんじゃないかと疑うレベル。

そして、この暑さで気をつけなければいけないのが、「熱中症」です。

少し古いデータになるが、厚生労働省の公表によると、2年前に熱中症で亡くなられた方は、なんと621人
その前の年になると、さらに増して968人

参照:都道府県別にみた熱中症による死亡数の前年比較(厚生労働省より)

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/necchusho16/dl/kenbetsu.pdf

今年は、ニュースの報道によると、5年ぶりに40度を超える日が既に訪れているらしい。
そして、今年は広島の天災が相重なって、暑さに苦しむ人は例年以上に多いと思います。

すでに熱中症の対策を行っている人も少なくはないと思います。
水分をこまめに摂ったり、直射日光を避けたり、サングラス、、などなど。
ここまで暑いといろんな人やニュースから「水分をこまめに摂って、無理をしないように」という言葉がたくさん聞こえてきます。
こうも暑いと外をただ歩いているだけでも、汗だくになりますからね。

ということは、汗をかくということは水分と同時に体の塩分が抜けてしまうのでは?
「水分はこまめに摂るように」とは言われているけれど、塩分の補給に関しては何も言われない。

日本人は塩分を取り過ぎていると言われ、減塩ブームが起きたりもしていますが、だからこそ危険。
塩分の摂りすぎは注意すること間違いない、、だけど、この暑さで汗を流しまくっていたら、身体に必要な塩分まで抜けてしまいます。

ということで、この記事では塩分不足で陥る体の症状とこの夏を乗り切るために手軽に塩分を摂れる食品を紹介します。

暑さ対策には、クールにひんやり、CCT冷感タオル

塩分不足で陥る体の症状。

塩分不足引用:https://natsurin.com/post-116/

めまいやふらつき

けっこう覚えがある人もいるんではないでしょうか?
単純に日差しや暑さだけの原因ではありません。

人間の体はよく出来ているもので、体に塩分が不足してくると、体の中のナトリウム濃度を保つために汗や尿からナトリウムを放出する事を抑えます。
つまりはナトリウム濃度を保つために体の水分をどんどん放出してしまうので、水分補給だけしていても底の抜けたバケツに水を貯めようとするのと変わらないのです。
そして、水分量が減る事で血液量も減ってしまうので、血圧が低下して、低血圧が起きてしまいます。

そして、その低血圧がめまいがふらつきが引き起こしてしまいます

脱水症状

ナトリウムの濃度を保つために、水分をどんどん放出させてしまうと、自ずと水分不足になってしまうので脱水症状が陥ってしまいます。
脱水症状が起きると、頭痛や口渇感、吐き気、しびれ、脱力感などの症状が身体に起きてしまいます。

食欲不振

夏になると、「暑くて食欲も起きない。」なんて事けっこうありませんか?
そんな人は注意が必要ですよ!
ナトリウム濃度を保つために体の水分が不足してくると、胃液などの消化液も不足されてきます。
そして、その消化液不足が食欲不振を引き寄せてしまいます。
食事量が減ってしまうと、栄養の摂取や身体の回復に影響が出てしまうので、体がダルいなんて人は注意しましょう。

筋肉異常

ナトリウムには筋肉を収縮させる働きがあります。
ナトリウムが不足すると、筋力をうまく働かすことが出来なくなるので、体が思うように動かなくなったり、こむら返りが起きやすくなります。
運動が趣味な人や運動部、体を動かす仕事の人は体を動かしてる間、開いた蛇口のようにナトリウム垂れ流しているようなものなので特に注意しましょう。

塩分補充におすすめの食べ物、飲み物

引用:http://www.india.com/news/india/no-shortage-of-salt-in-city-delhi-government-1642152/

梅干し

梅干し引用:http://onigirism.com/archives/category/eat/umeboshi

お弁当の定番。
しょっぱい、すっぱい梅干し。
もちろん塩分はたっぷり含まれていますが、疲労回復を助けるクエン酸も大量に含まれています。
学校や職場で体を動かすような人は、お昼休みに梅干しのおにぎりを食べて、汗で流れた塩分を補充しましょう!
疲労回復効果もあるので一石二鳥です。

経口補水液

 

経口補水液引用:https://hayaokimaru.net/article/os1-sports-drink.html

ポカリスエットやアクエリアスと比べると少し敷居が高いような気もしますが、ポカリスエットやアクエリアスだと余分な糖分も摂取してしまい、ペットボトル症候群に陥ってしまう可能性があります。

体のために摂取しているのに別の要因で体を害してしまっては本末転倒です。

経口補水液は、スポーツドリンクと比べると糖分を抑えられているけれど、塩分は豊富に含まれているので、この暑さの中、水分補給、塩分補給するのに適した飲み物だと思います。

Amazon等で買って、水筒に詰めて持ち運ぶことでコストもだいぶ抑えられると思いますよ!

タブレット・塩飴

引用:http://commentout.militaryblog.jp/e450626.html

ランニングを趣味にしていた僕はこのタブレット・塩飴にかなり助けられています。
水分補給だとどうしても補給するときに一旦体を止めなければいけないので、ランニングなど運動で体の動きを止めたくない時に、サッと口に放り込むだけなので良いんです!

水分補給をしたくてもしづらい環境でお仕事をなさっている方に良いと思います。

あとは時間に追われながら、体を動かす仕事、、、工場だったり、建築・工事現場など夏の暑さには過酷な現場仕事をしている人には最適だと思います。
このタブレット・塩飴は一粒舐めるだけで、その後の体の動きがだいぶ変わります。
塩分が不足しているときに舐めると、この世のものとは思えないぐらい美味しいですよ!

 

最後に

あなたの熱中症対策の役に立てる情報はあったでしょうか?
まだまだ暑さは続きます。
まだ7月なので、これからさらに暑さが厳しくなる可能性も大いにあるでしょう。

たかが暑さと甘く見ている人もいるかもしれませんが、甘く見ていたものに身体をヤラレてしまっては笑えません。

どうか充分に暑さ対策をとって、この夏を乗り越えましょう!

 



水循環マット

RELATED POST
健康

【禁煙するのってこんな簡単だぜ!】ヘビースモーカーだった僕はこの方法で禁煙に成功しました。誰でも出来る禁煙への3ステップ。

2018年6月4日
Bear Town
ここ数年、タバコに対する目が一気に厳しくなって来てますよね。 タバコの値段はどんどん上がって行くし、副流煙が迷惑だとかネットスラングでは「 …