エンターテインメント

FF7 「ファイナルファンタジー7 リメイク」従来のFF7のように楽しめるクラシックモードの全貌が明らかに!

2019年、今年の東京ゲームショーでも目玉のひとつだった「ファイナルファンタジー7 リメイク(以下 FF7)」が今までトレーラーだけだったのが今年はついに試遊台が置かれて、実際に東京ゲームショーの来場者が遊べるようになりました。

今までずっとトレーラーを眺めるだけだったので、実際に自分で操作をして遊ぶことでまた今までの印象と変わった人も多いんじゃないでしょうか?

今回、東京ゲームショーの中で遊べたのは、1番最初にある壱番魔晄炉爆破作戦のガードスコーピオンの撃破まで!
様々な発見をすることができたので、リメイク前のFF7と比較しながら紹介していきたいと思います。

そして、今回の東京ゲームショーでも全貌が明らかになった従来のFF7ファンも楽しめる「クラシックモード」を紹介します!

あの頃、想像していたFF7が遊ぶことができる!!

FF7を一度でも遊んだことがある人なら、あのトゥーンなポリゴンが印象が頭に浮かびますよね。

当時はそのポリゴンから頭でいろんな背景を想像して、イメージの世界でFF7のストーリーを楽しんでいた人も多いと思います。
それが今回のリメイクで、圧倒的なグラフィックの進化を遂げ、あの頃に僕らが頭に浮かべていたFF7が映像として、蘇ってくるのです。

あの頃、想像していたFF7が遊ぶことができる!!

冒頭のエアリスの登場シーンも、、

エアリスの登場シーン エアリスの登場シーン2まるで映画のワンシーンのよう演出麗で蘇ります。

リアルタイム世代の僕は当時、「このムービーが操作できたら、、」なんて夢を見ていましたが、まさにその夢がリメイク前のムービーシーンよりもより美麗なグラフィックで遊べるという夢が叶いました。

従来のFF7の戦闘シーン

戦闘シーンだってこんなに変わります。

リメイク版FF7の戦闘シーン

ここまでグラフィックが進化していると、懐かしさもあるんだけれど、全然違う!みたいな不思議な感覚になりそうですね!笑

バイクシーンも! クラウドの一息

FF7といえば、クールな場面も多いですが、あの当時のゲームならではギャグシーンもけっこう多いので、それをこのグラフィックでどう演出をするのかも楽しみのひとつですね!

このグラフィックで、クラウドの女装シーンとか見たいような見たくないような、、笑

従来のFF7のコマンドバトルもアクションも楽しめる新しいバトルシステム

グラフィックが進化すれば、ターン制のコマンドバトルもなかなか実現するのが難しくなってきますね。
最近では、ほとんどのRPGでコマンドバトルは廃れ、アクションバトル物のRPGが増えてきています。

従来のFF7のコマンドバトルもアクションも楽しめる新しいバトルシステム

FF7のリメイクでもキングダムハーツのようなアクションバトルシステムが起用されアクションバトルでありながら、従来のFFのバトルのように「魔法」「アイテム」などのコマンドがあります。

今のところ、召喚獣が出てくるバトルは確認できていないですが、イフリートらしき映像もトレーラーに流れていたので、この召喚獣のコマンドもストーリーを進めていくうち登場すると思います。

最近のFFではターン制のコマンドバトルではなくなっていますが、やっぱりFF7ではATBゲージのコマンドバトルという印象が強いので、このアクションバトル化が「あの頃のFF7とは全然違ったものなってしまうのでは?」という不安がありました。

そんな僕と同じような不安を抱いている人に紹介したいのが、今回の東京ゲームショーで紹介された「クラシックモード」です。

リメイク版のメニュー画面をチラ見せ!笑メニュー画面をチラ見せ!笑

設定画面では、難易度ともに「クラシックモード」を選択できる!設定画面では、難易度ともに「クラシックモード」を選択できる!

この「クラシックモード」は何かというと、、

アクションバトルなことには代わりはないのですが、そのアクションの部分をオートで行動してもらえるようになります。

コマンドバトルに集中できる!
ただこの「クラシックモード」がオートバトルと何が違うのかというと、、アクション部分はオートに任せて、コマンドの部分をプレイヤーが集中してできるようにできるというシステムです。

実はリメイクのFF7もATBゲージが採用されているので、原作のFF7のようにATBゲージが溜まったら、コマンドを入力をするという従来のコマンドバトルようなバトルも楽しめる!
僕のように「アクション化にすることでFF7が別物になってしまうんでは、、」と不安に感じている人の不安を払拭してくれるモードなのです。

それにリアルタイムで楽しんでいた人は、それなりに良い歳にもなっているので、なかなかゲームだけに集中できない人も多いかと思います。
僕もお酒を飲みながらゲームをやるので、少しゆとりがある嬉しいし、そういった部分でも「クラシックモード」は重宝しそうです。

また普通のアクションモードでも、コマンド入力をする際はバトルの進行が止まってくれるので、慌てずにコマンドを選べます。
キングダムハーツだと、コマンドを選択している間もどんどんバトルが進行されて、けっこう大変だったので、これは嬉しいポイントですね!

全体的にキングダムハーツのバトルシステムの進化版をイメージすると良いのかもしれない!

バトル中にキャラクターをチェンジできる!

バトル中にキャラクターをチェンジできる!

アクション要素が強くなると、どうしても1人のキャラクターを集中して使用するようなバトルになってしまいますが、FF7ではバトル中に操作をするキャラクターを選択することができます。

選択することによって、魔法に特化したキャラクター操作やや召喚獣の使い分けや場面場面によるより戦術が深いバトルシステムが楽しめることができます。
ただの連打ゲーにさせたくないというスクウェア。エニックスの計らいを感じますね!

最後に

リアルタイムでFF7を遊んでいた世代にはかなり胸が熱いはず!!
2000年のFF10の頃からFF7〜9までがPS2でリメイクされる企画があると噂されていて、その企画自体は叶わないものでしたが、かなりの長い間、このリメイクを待ちわびていました。

特にFF7とドラクエ3は、「もしこの2作がリメイクされたら、それはスクウェア・エニックスの経営がヤバイ時だ!」みたいなことまでネットで囁かれていました。笑
それほどまでに期待されているということですね!

それがついに発売日まで見えてきました!

もちろん僕は予約して買いますよ!

スクウェア・エニックス「FINAL FANTASY Ⅶ REMAKE」公式サイト

RELATED POST