グルメ

激辛好きなら間違いない!「麻辣(マーラー)」の味、健康効果を紹介!

2019年、今年は「麻辣(マーラー)」が流行りの味になると言われています!

「麻辣」と言っても、あまり馴染みのない人も多いんでは?と思います。

「麻辣」がどんな味なのか、食べてどんな健康効果があるのかと実際に食べた時の感想を紹介していきます!

麻辣(マーラー)ってなんなの?

麻辣(マーラー)ってなんなの?参照元:https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/hiro-shisen1-top/hiroi-shisen33-18.html

麻辣(マーラー)とは、特に四川料理なので好まれる中華料理の味付けです。

「麻」と「辣」という漢字には、両方とも辛いという意味を表しますが、「麻」は「舌が痺れる」、「辣」は「舌をヒリヒリさせる」という意味を持ちます。
料理で表すと「麻」は中国の山椒である「花椒(ホワジャオ)」、「辣」を「唐辛子」を表します。

つまり、麻辣は「花椒」と「唐辛子」を組み合わせた調理法ということですね。

日本で激辛といえば、唐辛子による辛さの料理が多いので、激辛好きにとっても麻辣味というのは斬新かもしれません。

麻辣を健康効果は?

麻辣を効能とは?参照元:https://www.xinshipu.com/zuofa/154285

中国では、花椒を漢方の生薬として利用されていました。
その花椒には胃腸を整え、腹痛や下痢、消化不良に効果があります。
他にもホルモンバランスをはかる効果があったり、鎮痛作用もあり、昔は局部麻酔に花椒が利用されたり、現在でも歯が痛い時には花椒を一粒噛んで痛みを和らがせているそうです。

そして、麻辣の「辣」の唐辛子には、代謝を上げて、糖質や脂肪を燃焼して、肥満を予防してくれるカプサイシンが含まれています。
髪の健康維持や目の視力維持や呼吸器系統を守ってくれるカロチンも含まれています。

花椒と唐辛子を兼ね備えた麻辣は、ホルモンバランスを整えてくれたり、代謝をあげたり、髪の健康維持してくれたりと様々な美容効果も多いので、美容効果を期待す女性の方にはぜひ食べて欲しいですね!

中国1番人気の火鍋「海底撈」の麻辣の火鍋を食べてみた!

海底撈

中国人の知り合いが帰国した際に買ってきてくれた「海底撈(カイテイロウ)」という中国で大人気の火鍋屋の火鍋の素。(写真がボケててすみません。汗)
その人気は中国だけに留まらず、新宿や池袋にも店舗を出しています!

辛いよ(ニヤニヤ)」って渡されたのですが、僕もわりと辛いもの好きで、蒙古タンメン中本の北極を食べたり、韓国の激辛で有名なインスタント麺の「ブルダック」の辛さ2倍も食べたりしていたので、「辛いの好きだから、大丈夫だよ。」なんてニコニコしながら受け取りました。

唐辛子袋

でも、中開けたら、唐辛子がダイレクトに入っているんです。
さすがに唐辛子がだけが入っている袋は想像していなかったので、けっこう迫力がありました。

写真だとインスタント麺に入っているぐらい袋のサイズに見えますが、実物はけっこう袋が大きくて、その袋にびっしり唐辛子が入っているんです。

こいつはこれからヤバいことになるな。」なんて思わざる得ませんでした。

パッケージの裏を見ると火鍋以外にも、麻婆豆腐や炒めものにもできるそうです
今回は鍋で調理しました。


参照元:https://tabelog.com/en/tokyo/A1305/A130501/13187484/

完成した料理の写真を撮るのを忘れたので、参照までに実際のお店の画像をお借りしてきました。
まさにこの画像の左側の真っ赤なスープのような感じで真っ赤な油が浮かんだスープに唐辛子がたっぷり浮かんでいる見た目でした。

さすが本場中国で1番人気とも言われる「海底撈」の火鍋スープの素だけあって、見た目も凄いし、火鍋の匂いもかなり凄いんです。
日本にいながら、中国のお店の中にいるような匂いです。
中華料理の匂いではありません。
中国料理の匂いです。笑

圧倒的なビジュアルと匂いに少々臆しながらも一口。。

あれ?見た目ほど辛くないぞ。

それこそ韓国の「ブルダック」を食べて、「あぁぁぁ!!!」って叫んだ時のような辛さを期待したのですが、そこまで辛くないのです。
普通に豚肉の出汁が出ていて、美味しい!
程よい辛さで体も温まります。

と思っていました。

麻辣は今まで食べた辛い料理と辛さの種類が違うんです。
例えば、「中本」で北極を食べた時は、一口に口に入れただけで、「辛っ!」ってなりますが、麻辣は「余裕じゃん、、あれ?、、辛い、、辛い!」って後から来るんです。
そして、それも後からただ「辛っ!」じゃなくて、ジワジワと辛さが体を支配していくんです。
これは唐辛子じゃなくて、花椒の辛さなんだろうなぁ。
とにかく舌が痺れる。
不意に花椒が口に入ってきた時の絶望感は半端なかったです。笑

正直、北極やブルダックよりもキツかったです。

Amazonで調べたら、なんと日本でも買えることが発覚!
ぜひ、みんなにもチャレンジしてもらいたいですね。

中本や韓国のブルダックも食べて、日本と韓国と中国の激辛食べ比べしてみてください。笑

最後に

今年は「麻辣」が流行りの味になると言われています。

辛いけれど、健康効果美容効果もあるので激辛好きな人にも、美容好きな人にもたくさんの人に「麻辣」を楽しんでもらいたいです。

 

こちらの記事のおすすめ!

LCCで台湾に行くなら「タイガーエア」!乗り心地や機内食をレポート!

台湾へ行ったら、絶対行ってほしい「士林夜市」のおすすめ台湾B級グルメ!

台湾に行ったら、スタバへ行こう! 台湾スタバのメニュー、タンブラー・マグカップを紹介!

日本と違う台北のコンビニでしか食べれないコンビニグルメとおすすめのお土産

めちゃくちゃ美味しい!セブンイレブンの「たまごかけ風ごはん」を食レポ!

つらい花粉症を爽快に改善するための花粉症対策に効果がある食物

蕎麦を食べるだけで、生活習慣病予防、美肌効果、便秘解消、ダイエット効果も!

本当に美味しいおすすめの蟹のお取り寄せを紹介!

ガイドブックに載っていない本当に美味しいニューヨークのおすすめのラーメン

 

RELATED POST