アメリカ生活

【アメリカと日本の違い】アメリカから日本に帰ってきて、3ヶ月目に感じること

僕のサイトの中で以前、、

アメリカから日本に帰ってきて、4日ほど経った時に感じたカルチャーショックを受けたことをまとめた記事を書きました。

あの記事を書いてから、3ヶ月ほど経った今、改めてアメリカから帰ってきて感じる日本をまとめてみようと思います。

歩道を走る自転車が怖い!

参照元:http://blog.livedoor.jp/whomeoh/

渡米する前はさほど気にすることはありませんでしたが、帰国してから道を歩いていると、自転車の多さにかなり驚きます。

しかも狭い歩道でも「歩行者はどけ!」と言わんばかりに我が物顔で自転車が通ります。←勝手な被害者意識ですが、、
歩いている時に後ろから現れる自転車や角から唐突に現れる自転車にはかなり恐怖です。

参照元:http://blog.livedoor.jp/ashitanoplatform/

アメリカの道は、車と歩行者と自転車ではっきり分かれています。なので、基本的に自転車が歩道に走ることはありません。

そもそも車社会なので日本のように自転車自体が多くはないですが、、

日本で2015年の道交法の改正により自転車が以前より厳しく取り締まられるようになったのは記憶に新しいと思います。

だけど、取り締まるが厳しくなる一方で、自転車の利用者のための動きはあったのでしょうか?

ただ「歩道を走るな!」と言っても、日本の道は狭いです。
車や車の脇を走ろうとする原動付自転車と一緒に自転車で走るのはかなりの恐怖だと思います。

アメリカに比べると日本は国土が何分の1にも小さいので、なかなか難しい課題ではありますが、日本でももっとはっきり自転車を走るレーンを分けて欲しいです。

無言の人が多い

参照元:https://ameblo.jp/southern-town/

これも結構感じていることの1つ。

アメリカに住んでいた時、人と肩をぶつかってしまう事は時々ありました。

そして、その時にお互いに「Sorry」と言います。

日本でも同様に、人通りが多いところだと肩と肩がぶつかってしまうことがあります。

その時に「すみません。」と肩がぶつかった相手に言いますが、大抵は無言で立ち去ってしまいます。

他にもコンビニや狭い場所にいる時、どうしても道の妨げになってしまうこともあります。
自分が邪魔になっていることに気づけば、すぐに退きますが、気づけない時もあります。

そんな時、相手はこちらが気づくまで待っていられることが多いような気がします。

一言「すみません」と声かけてくれれば、すぐに退けるのに、、と思ってしまいます。

食べ物がめちゃくちゃ美味しい!

参照元:http://www.gateauxkingdom.com/restaurant/daizen/

なんか文句ばかり書いてもアレなんで、、汗

日本の料理ってめちゃくちゃ美味しい!

アメリカでも、日系のスーパーで何不自由なく日本で買えるような食材を手に入れることができましたが、肉にしても野菜にしても、食材がアメリカのものよりも断然に質がいいと思います。

しかも、ファミレスに行けば、かなり安い値段で美味しい食事が食べれる。
「ファミレスなんか、、」って思う人も多いかもしれないけれど、あの味とサービスでアメリカのレストランで食べようと思ったら、1人1食16ドル。

日本円にしたら、2000円ぐらいは取られてしまうのではないでしょうか?

アメリカから帰る時に「日本に帰ったら、太るよ。」と言われましたが、まんまと太りましたね。

なんとかしなければ、、はぁ、、

映画館がめちゃくちゃ静か!

参照元:https://theriver.jp/theater-manners/

帰国してきてから、初めて映画館に映画を見に行った時にかなり衝撃的でした。

確かその時に見たのは「万引き家族」だったかな?

映画の前の最新映画の予告が流れ出した時には、もう「シーン、、」めちゃくちゃ静か。

アメリカだったら絶対そうはいかない。
予告が始まったら、続々と入場してきます。

まぁ、アメリカの映画館は予告編だけで20分ぐらいあるので、日本の予告編と比べると長いんですよね。

日本だとポップコーンの食べる音でうるさく感じる人もいると思いますが、アメリカではポップコーンの音なんて序の口。

ずっと会話をしているカップルもいれば、まさかの電話に出る人もいます。

アメリカ映画館は映画のリアクションをガンガン出すので、「静かに見ましょう!」みたいな感じではないのかもしれません。

最後に

帰国した直後は母国にも関わらず、外国にいるような気分でしたが、日本に帰ってきて、3ヶ月。

ようやく日本の生活に慣れてくることができました。

ずっといるとなかなか気づけないことも、1度外に出てみると良くも悪くも気づくことがあります。

海外に行ってみると、今まで当たり前に思っていた日本がまた違った見方で見れるかもしれませんね!

この記事もオススメ

笑って泣いてノリノリで!ブロードウェイミュージカル「スクールオブロック」

PCやスマホで目を酷使する人は要注意!日本人に多い隠れ斜視

アメコミ好きなら、絶対に行って欲しい絶叫系アトラクションの聖地「シックスフラッグス」の紹介とハロウィンシーズンの徹底レポート!

WOWOW歴11年目の加入者が教える。WOWOWの加入をおすすめする10の理由。

【ネタバレなし】スタートレックが好きな自閉症の少女の旅「500ページの夢の束」、あらすじ、感想、ココ見てポイント

【観覧注意】あのホラー映画は実話を基にしていた!? ホラー映画のモデルになった実際に起きた猟奇、心霊事件4選。

心を豊かにする。あなたの背中を押してくれる映画の名言。

楽天トラベル
RELATED POST
アメリカ生活

多発するアメリカの銃乱射事件。果たして「銃規制は必要なのか?」実際にアメリカに住んで、たどり着いた答え。

2018年6月20日
Bear Town
ここ最近アメリカの銃撃事件が急増してきています。 それに伴い、アメリカでは以前より増して銃の規制への関心が高まり、大規模な銃規制のデモも起 …